【平日】2021年12月23日は祝日ではありません

時事・雑学

これまで、12月23日というと「天皇誕生日のためお休み」という強いイメージがありましたよね。

クリスマスイブの前日であり、年末も近いということもあって、少し特別な祝日であるように感じていました。

それもそのはず。平成の時代であった約30年もの間、12月23日は祝日とされてきたのです。

スポンサーリンク

2019年より12月23日は平日に

平成から令和に改元されたことにより、12月23日は祝日ではなくなりました。

カレンダーでいうところの黒日、つまり平日となったのです。

現在の天皇誕生日は2月23日

改元により、現在は「2月23日」が天皇誕生日として制定され、祝日となっています。

【参考】内閣府ホームページ 「国民の祝日」について | 国民の祝日に関する法律

2021年のクリスマスは土曜日

12月23日が祝日でなくなった今、気になるクリスマスイブ周辺のカレンダー事情はというと…

  • クリスマスイブである2021年12月24日は金曜日
  • クリスマス当日の2021年12月25日は土曜日

となっています。

タイミングよく週末に入るため、ゆっくりとクリスマスを楽しめそうですね。

まとめ

年末が近づき、何かと慌ただしくなりがちな12月。

今までの習慣で、うっかり12月23日にお休みしてしまうことのないように気を付けましょう。