氣志團万博:JR袖ヶ浦駅からのシャトルバスに乗ってみた話【運行間隔やお得に乗る方法】

フェス

みなさん、こんにちは。今までに参戦した氣志團万博は、今のところ毎回雨が降っています。全戦全敗、ねっこです。

早速ですが、みなさんは、お気に入りのフェスはありますか?
ねっこのお気に入りのフェスのひとつは、氣志團万博です。

主催者であり出演者でもあるバンド・氣志團の愛と気づかいにあふれる素敵な野外フェス。それが氣志團万博です。
(氣志團の地元・袖ヶ浦で毎年開催されている時点で、まず、地元への愛がすごいですね!)

今回は、そんな愛あふれる野外フェス・氣志團万博へのアクセスについてのお話です。
今年も開催が決まっていますので、参戦される方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

電車とシャトルバスを乗り継いでいく方法

ねっこは、毎年、電車とシャトルバスを乗り継いで行っています。

特設駐車場が遠いため、車で行くメリットは少ない

車で行くことも可能ですが、特設駐車場から会場までは非常に距離があり、車で行く場合でも、シャトルバスに乗り換えなければなりません。
その場合、荷物を置いておける、車内に戻って休めるなど、「車で行くメリット」が十分に発揮できません。

都内発着のシャトルバスは、時間の制約が大きい

都内の主要駅と会場間を結ぶシャトルバス、ツアーバスも運行されています。
ねっこは、時間に制約がある点、渋滞に巻き込まれやすい点がデメリットに感じられるため、電車+シャトルバスで行くスタイルが定着しました。

最寄りは、JR袖ヶ浦駅

のどかな風景に癒されつつ、電車に揺られながら、フェスへの期待感を高めていきます。

最寄駅である袖ヶ浦駅は、コンパクトながら、整備の行き届いた綺麗な駅です。

第一撮影ポイントをチェック!

到着すると、改札出口には氣志團メンバーの大きいパネルが設置されており、撮影ポイントとして人気となっています。
人が途切れたら撮影チャンス。思い出を作りましょう。

駅には、氣志團万博スタッフの方がところどころに配置されていて、安心感があります。

シャトルバス発着所は、駅を出ると目の前にあります。コンパクトな駅のため、すぐに見つかります。

シャトルバスチケットは、前売り券を購入しよう

JR袖ヶ浦駅から袖ヶ浦海浜公園までは、 シャトルバスで15分~20分程度です。

シャトルバスのチケットは、当日に現地でも購入できますが、事前購入も可能です。
全く同じチケットですが、 前売り券の方が、300円安い価格設定となっています。300円も積み重なると大きいため、ねっこは、毎年欠かさず前売り券を購入しています(発券手数料はかかります)。

毎年、5月下旬ごろから発売しています。

シャトルバスの時刻表はなし

時刻表はなく、満席になると発車します。
タイミングよく座れたらラッキーですね。

往路(JR袖ヶ浦駅~袖ヶ浦海浜公園)

体感的には、バス乗り場に到着してから、30分と待たずに乗車できている印象です。 タイミングがいいと、到着・即乗車できます。

お昼を過ぎると、15分~20分くらいの間隔で運行しています。

復路(袖ヶ浦海浜公園~JR袖ヶ浦駅)

復路は、お昼から夕方まで、15分~20分くらいの間隔で運行しています。
夕方くらいから混み始め、待ち時間が長くなるため、ご注意ください。

トリまで見る場合は、1時間以上並ぶことも覚悟しましょう。
混雑を避けたい人は、日が沈む前に帰路につくことをおすすめします。

シャトルバス発着所から会場まで、歩いて5分程度

シャトルバスを降りると、リストバンド引き換え場所があります。
氣志團万博のリストバンドは、デザインが凝っていて可愛いので、コレクションしてみるのもいいかもしれませんね。

あとはもう、リストバンドをした人の流れに続いていけば、会場に到着します。

氣志團万博2019は、9月14日(土)・15日(日)

第一弾アーティストも発表になり、今年もおもしろくなりそうですね。
個人的には、DJブースの復活を期待しています。

そして何より、今年こそ、田植えフェスになりませんように!