野外の夏フェスメイク【日焼け対策と崩れにくさ重視!】

フェス

みなさん、こんにちは。あたたかくなってきて、フェスに行きたくてウズウズしているねっこです。

今回は、みんな気になるフェスメイクについてのお話です。

スポンサーリンク

ほぼすっぴん派

フェスに行ってみると、すっぴん or 最小限のメイクだけの女子が、意外と一定数います。

行き慣れている人、出発が朝早い人、キャンプエリアなど滞在時間が長い人、前方のモッシュエリアに突っ込む人などに、多い印象です。

これだけは忘れずに!

すっぴんもいいですが、そこは炎天下の野外。
日焼け止めは必ず塗っていきましょう。

また、すっぴんだと眉の無い人は、眉だけは描くようにしましょう。

ナチュラルメイク派

やはり、ナチュラルメイクの人が圧倒的に多い印象です。

フェスは、炎天下の野外で行われることが多いため、濃いメイクで行くと、崩れたときに悲惨な状態になります。
化粧直しをする場所も少ないため、お直しもなかなかできないと思っていた方がよいでしょう。

また、Tシャツで行く人が圧倒的のため、ナチュラルメイクだとコーディネートとのバランスが取りやすいということもあります。

ここからは、そんなナチュラルなフェスメイクのポイントをご紹介します。

ベースメイクは日焼け止め効果を重視

ベース下地は、高SPFかつ高PAを選んで

強烈な夏の日差しが、一日中あなたを照りつけます。日焼け止めか下地は、SPF値・PA値の高いものを選びましょう。

また、当日にアイテムを初めて使うことは避けてください。事前に顔に使ってみて、肌が荒れないことを確認しておきましょう。

ねっこは、普段使いしているSPF50以上の下地を塗っていきます。

気になる箇所は、コンシーラーを薄く

いったん会場入りしてしまうと、なかなか化粧直しは難しくなります。
気になる箇所は、コンシーラーで薄くカバーしておきましょう。

資生堂のスポッツカバーか、ザセムのチップタイプコンシーラーが崩れにくくて、おすすめです。

ファンデはリキッドを薄く

厚塗りすると、崩れやすくなります。
また、リキッドファンデーションは、崩れにくさをうたっているアイテムを選びましょう。
薄い幕をはるように、ピタッと密着させることを意識します。

ねっこは、ランコムのタンイドルリキッドファンデーションを指で塗ったあとに、スポンジでタッピングし、密着率をアップさせています。

パウダーはUV効果のあるもの

UV効果のあるパウダーをふわっと乗せて、ベースメイクは完成です。

化粧直しには、試供品のパウダーファンデ

どうしても化粧直ししたい!という人は、サンプルサイズのファンデーションがおすすめです。
その場合、カードミラーを忍ばせていくか、スマホのカメラを鏡がわりにします。

普段使いしているコンパクトファンデーションを持っていくと、荷物になるだけでなく、お粉の面が衝撃で割れてしまうことがあるので注意しましょう。

アイメイクはウォータープルーフを重視

アイラインは、ペンシルとリキッドのダブル使い

フェスでは、水が顔にかかることもあります。
ウォータープルーフタイプのリキッドアイライナーを使いましょう。

アイラインをペンシルで描いた上から、リキッドを重ねると、崩れにくくなるのでおすすめです。

がっつりアイシャドウは避けて

グラデーションなど、濃く色をのせていくと、崩れたときに悲惨なことになります。

また、オフィスメイクのようなしっかりメイクは、フェスの雰囲気にあまりマッチしません。

ラメ感のある薄い色のシャドウ一色を、アイホール全体へ、これまた薄めにのせるようにしましょう。
軽さと華やかさを演出できます。

マスカラは、無しか透明タイプ

暑い日の場合、塗っても落ちます(きっぱり)。

ビューラーをしっかりあてた上から、カールキープ効果のある透明タイプのマスカラを塗る程度を、おすすめします。

どうしても色付きマスカラを塗りたい!という方は、ウォータープルーフタイプを選んで、パンダ目を防ぎましょう。

ねっこは、ライブへ行く機会が多いので、普段からまつエク(まつげエクステ)をしています。

アイブロウコートで防御

アイメイクの仕上げに、アイブロウコートをひと塗りするだけで、激的に眉が落ちにくくなります。

ねっこは、フェスに限らず、ライブのときは必ずアイブロウコートを塗ります。
キャンメイクのアイブロウコートを愛用しています。

リップは色持ちの良いもの

リップは、カラーステイ力のあるものを選びましょう。

リップに色がのっていれば、それだけでメイクしてますよ~感が出てきます。

また、色付きリップを一本持っていくと、写真を撮る直前に、鏡なしでサッと塗ることもできます。

唇も日に焼けますから、UVカット効果のあるリップだと安心ですね。

ポイントシールをアクセントに

かんたんに華やかにしたい!フェス気分を盛り上げたい!という人には、フェイスシールを貼るのもおすすめです。

多くはないですが、フェイスシールや、ボディシールを貼っている女子を必ず見かけます。バンドロゴのシールを貼っている人もいますね。
キラキラ感のあるシールだと、太陽にきらめいてとっても可愛いです。
また、シールに目がいくので、他の点を誤魔化す効果もあります(笑)。

事前にシールのパッチテストをして、かぶれないよう注意しましょう。

フェスメイクを楽しんで

長々と書きましたが、ポイントは、「日焼け止め効果と崩れにくさ」です。

メイク落ちを気にしながらでは、長時間のフェスをなかなか楽しめません。

現地では、メイクのことは気にせずに、フェスを楽しむことに集中してください♪

それでは、楽しいフェスライフを!